想定外のこと

■大災害時には、想定外のことが起こる。

東日本大震災があったとき、千葉県では水道が被害を受け、断水した。

こんなときは、協定を結んでいる水道事業者から給水車を派遣してもらって、応急給水を行うことになっている。

それが、福島第一原子力発電所の事故により、放射能が撒き散らされ、浄水場の水が使えなくなった。

 

こんなことは、想定外である。

 

大震災が起きて、断水が起こっても浄水場に行けば水がある。

その水を使って、応急給水をおこなう。それが、災害対策の基本であったが、東日本大震災では、それができなくなった。

そのときは、放射能の影響を免れた浄水場の水を使って、対応したが、給水のための時間は、想定以上の時間がかかった。

 

■災害が起こった時に、確実に使えるのは手元にあるものだけ。

それ以外のものは、使えたら幸運だったと考えなければ、生き残れない。

 

どんなときでも、準備をしていた人が生き残る。

笑顔で生き残るために、準備をしておきましょう。

九州北部豪雨災害

九州北部豪雨災害

■災害報道を見て、心を痛めております。

その中で気になったのが、1点。
衛生に使う水がないとのこと。
 
飲料水は、ペットボトルで比較的早く被災者に届きます。
ただし、手を洗う、体を拭く、洗濯、水洗トイレなどの生活用水は、
水道が復旧するまで不足します。
水道が復旧するにはかなりの時間がかかります。
 
被災地では、ペットボトルの飲料水で、手を洗う、体を
拭く、洗濯する。
そんなことは、とてもできないとのことでした。
 
■生産備蓄は、発災時に生活用水を提供することを目的としています。
生産備蓄で使う水は、川の水と同じです。
有害物質や汚染物質などは入りません。
入っていたら魚が死んでしまいます。
災害時は、これを生活用水として、利用したいと考えております。
 
■このような災害が繰り返されるたびに、生産備蓄システムを
早く世に出したいと考えます。
 

災害時に水を運ぶ方法

■大災害で、水道が使えなくなった時、真っ先に困るのが消火用水の確保である。

火事が起きた時に、水がない。

そんな時の対策をいろいろ考えておきたい。

 

災害対策は総力戦になる。

たくさんのアイデアを持っている人が、生き残れるし、人を助けることができる。

 

■水を運ぶのは、意外と大変だ。蛇口をひねれば水が出る生活をしていると、水を運ぶ必要がない。必要が無いから、水を運ぶ道具がない。

常に水を抱えて運んでいるのは、消防車くらいのものだ。

 

■水を運ぶのにはどうすればいいのか。

いくつかある対応策の中で、コンクリートミキサー車を使う方法がある。

生コンを運ぶコンクリートミキサー車であるが、これは水を運ぶことができる。

大災害が起こった時、コンクリートが必要になるとは思えない。

コンクリートミキサー車は約4000リットルの水を運ぶことができる。

これだけの水があれば、十分初期消火ができる。

 

コンクリートミキサー車が運ぶ水は、飲料水としては使えない。

だけど、生活用水として使う分には問題ない。

生活用水があれば、水洗トイレが使える。

避難所の衛生環境を改善することができる。

 

コンクリートミキサー車は水を運ぶことができる。

そのことを知っておいてほしい。

 

VRの防災利用

「避難VR体験「RIVR -Dシリーズ」を活用した新宿野村ビル防災イベントを開催 | VR Inside

■防災教育に、VR(バーチャルリアリティ)システムが使われ初めている。

これは素晴らしいこと。

 

■百聞は一見に如かず。

いくら話を聞いても、自分が見たことにはかなわない。

特に津波は、とっさの判断が必要になる。

バキバキとものすごい音がして、真っ黒い波がおそってくることを

VRで体験すれば、とにかく高い所に逃げようとするだろう。

 

東日本大震災では、津波から逃げ遅れた人がたくさんいる。

これから発生が予想される南海、東南海、東海地震に備えた

災害VRができることを希望する。

 

USBLED電球

■USBLED電球が、ダイソーで100円で販売している。

この電球に、モバイルバッテリーを組み合わせた。

432円のランタンの出来上がりである。

 

■災害時において、電気の復旧は他のライフラインに比べて一番早い。

これを利用しない手はない。

 

 

■災害の現場において、夜の明かりは必須である。

今までは懐中電灯を使うことが多かったが、懐中電灯には意外と弱点が多い。

  1. 電球が切れる。電球が切れたら使えない
  2. 乾電池がないと使えない。災害が起きた時、あっという間に無くなるのが乾電池である。しかも一度なくなると、なかなか入ってこない。
  3. 乾電池が液漏れする。非常持ち出し袋の中の懐中電灯は、あまり使わないので乾電池が液漏れしている場合がある。そうなると懐中電灯は使えない。

USBLED電球+モバイルバッテリーの場合

  1. 電球の寿命が長い。
  2. 充電できる。コレは大きい。災害時に一番先に復旧するのは電気である。モバイルバッテリーがあれば、電気を充電しておけるし、スマホや携帯にも充電できる。しかも、商品がなくなることはない。
  3. 液漏れしない。モバイバッテリーは比較的丈夫である。いつも使っていれば、使えなくなる前に買い換えることができる。

■防災のことを考えると、USBLED電球とモバイバッテリーの組み合わせはとても有効である。