防災食の調理

■防災食を食べるプロジェクトが広がっています。

このような形で、多くの人が、個人で防災食を用意するのはとても大切。

最近、備蓄食料は3日分ではなく、一週間分用意しましょうとアナウンスされています。

 

■だけど、防災担当者からすると、売られている防災食は高い。

限られた予算の中で、大量にしかも賞味期限の長いものを用意するとなると、あまり美味しいものは用意できない。

 

■一工夫があれば、防災食も美味しくなるのですが、余震が発生している被災地で、日を使うのはなかなか難しい。

イデアを出していかねばなりません。

www.at-s.com