農業

バクテリアのサイクルは回らず

■Ph7.7 アンモニア0.25ppm 亜硝酸0ppm 硝酸0ppm 3週間過ぎましたが、バクテリアのサイクルは回っておりません。 温度が低いことが原因なのか、それとも何が違う原因があるのか。 それとももう少し時間がかかるのか。 まだわかりません。

水質確認 循環はもう少し

■水質チェックを行いました。 アンモニアは2ppmくらいでしょうか。亜硝酸は0ppmです。まだ、分解バクテリアは育っていないようです。 バクテリアの増殖を早めるために、現在稼働している試験機の水を使ってみます。

水質状況確認

■アンモニア水を投入して一週間。 まだアンモニアを分解する微生物は育っていないようです。 魚と野菜を投入するまでは、もう少し時間が必要です。

台風一過

■台風一過 台風18号は各地に被害をもたらしましたが、生産備蓄のビニールハウスはびくともしませんでした。 さすがは、台風常襲地帯で設計されたビニールハウスです。 ■アンモニア水を添加して、微生物の循環を始めました。 実際に野菜を植えるのと、魚を…

配管完了 水が入りました。

漏水チェック、配管状況の確認 オートサイフォンの状況を確認しています。 時間はかかりましたが、順調です。

生産備蓄1号基製作中(その4)

■スライドドアと、ビニール取付金具を取り付けました。 農業用のビニールハウスは、19ミリの鋼管を使います。 生産備蓄では48ミリの足場用鋼管を使います。 19ミリの取付金具は、薄くてかんたんに手で曲がるのですが、 48ミリ用はゴツくて、鉄板も厚…

生産備蓄1号基 (製作中 その3)

■骨組みが組み上がりました。 これからビニールを設置していきます。 一人での作業ですので、どうしても時間がかかっています。 枠組みをきめて、作業効率を上げていきます。

アクアポニックス 実験機

■生産備蓄のメインシステムは、アクアポニックスです。 野菜と魚を一緒に育てるシステムです。 ■生産備蓄実験機でも、ペパーミントが大きくなってきました。

種まき祭り

■生産備蓄1号機の隣の畑で、種まき祭りが開催されました。 小学校に上る前の子供達が、お父さんやお母さんといっしょに、 とうもろこしの種を蒔いております。 ■アマガエルやテントウムシを見つけて大騒ぎしている子供もいれば、 土まみれで遊んでいる子ども…

■生産備蓄の目標は笑顔で生き残ること。 ■生産備蓄1号基は、成田空港のすぐ近く、千葉県山武郡芝山町に 作ることになりました。 成田空港の貨物取扱量は、全国一です。 多くの運送会社が、空港の周りに点在する日本有数の 物流拠点でもあります。 大災害が…